エアコン 取り付け/エアコン工事/移設は格安料金のネットdeエアコンドットコムへ。
エアコン取り付け・取り外し工事のお問い合わせはネットでエアコン.comへ
 
エアコン(クーラー)の取り外し方の手順
① ポンプダウンを行います。

まず、エアコン(クーラー)を冷房運転にします。
部屋の温度が設定温度より低い場合は、冷房運転になりません。強制冷房運転が必要です。
※メーカーや機種によって強制冷房運転の仕方が違います。
エアコン(クーラー)の室外機に接続されてある配管部分の2分管側(配管が細い方)のバルブを6角レンチで固く締めます。
エアコン(クーラー)の室外機が運転(ファンが回っている)している事を必ず確認します。
室外機が運転し始め3分~5分後、室外機バルブの3分または4分管側(配管が太い方)を6角レンチで固く締めます。
この時点で回収(ポンプダウン)できているはずですが、慎重にゆっくりレンチで接続部分(3分または4分側)を緩めます。
エアコン(クーラー)の室外機よりガスが出なかったら冷房運転を止めて、コンセントを抜きます。

② エアコン(クーラー)の室外機から配管を取り外します。

まず、室外側の化粧テープをカッターでドレンホースに傷がつかないよう切り目を入れてテープを剥がします。
ビニールテープなどもきれいに剥がしてドレン、配管(ガス管)、電線を室外機から取り外します。
※エアコン(クーラー)の配管を取り外した後は、粘着性がないビニールなどで水やホコリが入らないように養生します。
※無理な力をかけると折れ、つぶれなどで再利用ができなくなりますので配管の取り扱いには十分注意してます。
内、外の配管穴のパテを取り外します。
室内側にも配管が出ている場合は同様にテープを取り外します。

③ エアコン(クーラー)の室内機を取り外します。

配管のつなぎ目はエアコンの室内機の右端(室内から見て)より30cm~40cm部分です。
配管のつなぎ目がエアコンの室内機より外に出ている状態で、テープを剥がした時に取り外しできれば先にレンチを使用して外します。
配管がエアコン本体の左端より出ている場合や、つなぎ目が確認できない場合は室内機を取り外しした後にレンチを使用して外します。
室内機は、下側が背板(裏のアルミ板)にねじで固定されてある場合やカギ状になって引っかかっていることがあります。
ねじがついていないか、押すと外せるものや引くと外せるものがあり、メーカーや機種によって違います。
下部を外すと、上部は少し上に(2cm~3cmほど)ずらして取り外します。
※配管を取り外した後は、粘着性がないビニールなどで水やホコリが入らないように養生します。

④ 背板(アルミ板)を取り外します。

ねじ、ボルト等を緩めると取り外しできます。
※こちらを忘れないよう室内機に設置されてあったときと同じように取り付けておきます。

⑤ 保管、取り付けを予定している場合

配管は折れないよう軽く丸めドレンを一緒にビニールテープでまとめておきます。
室内機の補助管(本体に付いている配管部分)は、折れないよう慎重に室内機内側にもどして背板を戻しておきます。
※配管が固くなっている、または変形が見られる場合はそのままの形状で保管します。
電線は室内機につけた状態で丸めてビニールテープでまとめておきます。
室内機から水が出てくるときは表面を上にして、段ボールやビニールシートを敷いて乾くまでそのままにしておきます。
※長期保管される場合は、ビニールシートなどで包むとカビなどが繁殖します。できるだけ乾燥させて湿気がないところに保管してください。
※リモコンは無くさないよう室内機を一緒に保管される方が無難です。※長期保管の場合は電池を抜くことを忘れずに。

※ ご自分(DIY)で取り外しをご検討されてあるお客様へ
ご自分(DIY)で取り外しをされたお客様で、当社お問い合わせ時に料金のご案内を差し上げておりますが、修理代やガス補充などで高額になり、結果的にお取り付けを断念されておられます。下記①~⑤のリスクがあることを前提に行ってください。

ご自分(DIY)で取り外しされてガスが漏れてしまった、エアコンの配管が折れて使用できない等追加費用が取り外し料金以上になります。
取り外し状態によってお取り付けをお断りさせていただくことがあります。(設置後、正常に動作しない可能性がある場合など)
ご自分での取り外しで上記内容(取り外し方法の手順)についてのお電話口でのご相談等は行っておりません。

ガスチャージが必要になるケース。

エアコン(クーラー)の強制冷房運転の仕方がわからない場合や冷房運転の確認ができないときは取り外し時にガスが漏れてしまいます。
または、取り外し後、バルブがきちんと閉まっていなかった等の理由によりガスが漏れたとき。
ガスがすべて回収できない場合は、ガスチャージ料金21,000円(※R410)がかかります。※フロンガス補充 9,450円~15,750円(※R22)

配管の交換が必要になるケース。

エアコンの配管に水(真空引きで対処できない量)やホコリ、ごみが入っていた場合は、故障の原因になり再利用できません。(配管を取り外し後、養生されてないとき)
エアコンの配管の取り扱いには注意してください。無理な力をかけると折れ、つぶれなどで再利用ができなくなります。
(配管の交換が必要になります。例:2分3分m/2,625円 2分4分m/3,675円)

配管溶接またはメーカー修理になるケース。(補助管の交換、修理)

エアコン本体(室内機)の配管(補助管)が折れていた場合は、メーカー修理になることがあります。
(溶接が必要な場合は対応できない可能性があります。)例:溶接10,000円~

メーカー修理になるケース。(基盤交換)

冷房運転を取り外す直前までされてある場合は、水が内機にかなり溜まっている場合があり内機右側の表側に基盤があり濡れると故障の原因になります。(基盤交換30,000円程度)

メーカー修理になるケース。(フロントカバー交換)

エアコンの室内機を取り外すときはコツが必要ですが、力任せに取り外すと本体が破損することがあります。
(室内機フロントカバー部品代で5,000円~10,000円)

※当社の取り外し方法で施工し何等かの損害、故障、事故が起こった場合は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
上記の取り外し方法は、標準工事です。屋根上や高所作業などの手順ではございません。ご自身で施工される場合に危険を感じたり、安全が確保できないときは作業を中止し専門業者にご依頼ください。
エアコン取り外し工事のお申し込み・お問い合わせ