エアコン 取り付け/エアコン工事/移設は格安料金のネットdeエアコンドットコムへ。
エアコン取り付け・取り外し工事のお問い合わせはネットでエアコン.comへ
 
エアコン豆知識

①エアコンの意味は?

 エア・コンディショニングの略です。
空調設備で屋内の空気の温度や湿度を調整する機械で、空調調和の意。
水が蒸発するときに周囲の空気を奪って、冷却させる気化熱の原理を応用した冷却装置で、外気温との温度差で冷暖房ができる、ヒートポンプを利用した機械のことです。


②真空引きとは何のこと?

 以前は、取り付け後の空気や水を抜くため旧冷媒R22(フロンガス)で追い出す形で行われてきましたが、新冷媒R410の場合は、不純物や水、空気が混ざると作動圧力が約1.6倍と高いため能力や寿命に影響が出てくる恐れがあります。そのため、真空引きを必ず行う必要があります。


③ポンプダウンとは何のこと?

 エアコンには、冷媒(ガス)が充填されてあり気化熱を利用して冷暖房ができる仕組みですが、ガスが抜けてしまうと再充填しなければいけません。
エアコンを移設する際に、取り外し作業では冷媒を室外機に回収する作業が必要になります。この作業をポンプダウンといいます。

 

④配管とは何のこと?

 配管とは、室内機と室外機をつなぐ冷媒管(ガス管)、電線、ドレンホースを含むホースの総称です。一般的に家庭用エアコンで使用されてある冷媒管は2分3分と2分4分の2種類で、配管2分はφ6.35、3分はφ9.52、4分はφ12.7で太さ(直径mm)を表しています。配管はエアコンの能力(kw)によって仕様が違います。
電線は、電気と信号を送り、ドレンホースは室内機や室外機に溜まる水を排出するためのものです。その他、お掃除の機能が付いたエアコンによって排気ホースがあるものや、換気機能が付いた換気ホースの配管が必要になるものがあります。

 

⑤冷媒ガスとは何のこと?

 冷媒とは、気化すると周囲の熱を奪い液化すると熱を放出する気体のことで、水でも同じ原理になりますが、常温で1気圧では種類に限りがあります。現在、家庭用エアコンにはR410Aの新冷媒が使用されています。 エアコンは、冷媒に圧力をかけて熱を放出したり、圧力を下げて熱を吸収する原理を利用して冷暖房してます。この仕組みをヒートポンプといいます。

 

⑥冷凍サイクルとは何のこと?

 液体は、圧力が低いとき蒸発しやすくなる性質があります。エアコンでは、圧力を低くした液体のフロンを室内機で気化させることにより空気中より吸熱して冷やしてます。蒸発し気体になったフロンは、圧縮機(室外機)で圧力を高くして液化しやすい状態になります。室外の空気中の温度差により冷やされて液化します。エアコンの機器内でフロンを圧縮→凝縮→減圧→蒸発の繰り返し(サイクル)で循環させて冷房運転を行います。この循環を冷凍サイクルといいます。

 

⑦フロンの環境問題とは何のこと?

 大気に放出されたフロンは、上昇して地上約10~60kmに達し成層圏に留まり、紫外線で分解されます。この時、塩素化合物を発生しオゾン層を破壊します。オゾン層が破壊されると紫外線の量が増大し人の皮膚に害を与えたり地球温暖化につながります。新冷媒R410Aは塩素を含まないためオゾン層を破壊しません。